刀剣買取専門【日晃堂】

刀剣を売買する上での注意点

刀剣の売買は実際の店舗に行かなくてもインターネットでも行えたり、あるいは自宅まで訪問してくれたりと手軽になっています。 とはいえいくら手軽に売買が可能となっているとはいえ、刀剣はあくまで武器であるので取り扱いには細心の注意が必要ですし、所有するには登録証が必要となります。 登録証は刀剣を所有したり売買する人が持つ免許証ではなく、刀剣ひとつに対して一つずつ発行されるものです。対象のものが個人で美術品や骨董品として所有するにふさわしいものであるかどうか審査され、それを通過したものであることの証明でもあります。 この登録証は各都道府県の教育員会で審査された後に発行されるものです。 売買される際には登録証も同時に譲渡されますし、対象の刀剣を所持し続ける上で必ず手許に置いておかなければならないので、大切に保管をする必要があります。 万が一、登録証を紛失してしまった場合は速やかに管轄の警察署に届け出を出して、教育委員会で再審査を受けなければなりませんし、登録証のない刀剣は売買することもできません。